お問い合わせ電話番号 097-507-9937

ご注文フォーム

引っ越しするなら万年青(おもと)?

このページは日々のお客様とのやりとりの中でよくある質問をまとめ、解決するコラムを目指して参ります。

花にまつわる文化や歴史、花贈りの疑問点をひもといていこうと考えております。

縁起物の観葉植物、万年青(おもと)

漢字では万年青と書くように一年中青々としています。古くから薬草として使われたり、また緑が絶えない強さにあやかり、万年も栄える ことから、新居へ移転祝いや開店祝い、結婚祝い、出産祝い、長寿のお祝いなどの贈り物として使われるようになりました。新居への最初の荷物として持ち込む万年青は「引っ越しおもと」とも呼ばれています。

引っ越しおもとの言われは徳川家康が江戸城に入った時に真っ先に万年青を床の間に運び入れ、家運の長久を祈ったことが始まりらしく、その後の徳川家が安泰であったことから万年青が用いられる風習が大名や旗本などの武家から始まって、それが全国の町民まで広がり、現在までその名残りをとどめているそうです。

万年青を新居に持ち込む際は、事前に大安など縁起の良い日に万年青だけを先に持ち込んでおけば、それが引っ越しの日となるらしく縁起がよいご利益を受けられると言われています。もちろん自分たちで買ってもOKです。ただし誰よりも何よりも真っ先に万年青を持ち込みましょう。

万年青は日陰でも十分育ち、手入れも簡単なので観葉植物の扱いに慣れていない人でも枯らせてしまうことなく何年も持ちます。

また赤い実付きの万年青は子孫繁栄の象徴として珍重されています。

育て方のポイント

元々は木漏れ日の下で群生する植物ですので、直射日光は苦手です。また多湿、乾燥にも弱いことから季節によって置き場所を変えてあげる必要があります。鉢植えで育てるのがおすすめです。庭で育てる時は気温が10℃以下にならない場所へ植えつけてください。

観葉植物はラッキーアイテム?

万年青をはじめ観葉植物には葉の形や樹形、風水との結びつきによって縁起のよい名前、金運がアップするなどご利益のついたものがたくさんあります。
多幸の木(ガジュマル)、発財樹(パキラ)、成長、発展の樹(ユッカ)、幸福の木(ドラセナマッサン)、開運竹(ミリオンバンブー)、金のなる木(花月)、モンステラ、サンスベリア、アイビー(ヘデラ)などなど。

ただし儲かってない花屋がいくら伝えても説得力ありませんので、あしからず。

【万年青(おもと)】 都の城

引っ越しが決まったら余裕をもって手配しておきましょう!